初心者におすすめの人気ネット証券ランキング



初心者におすすめの人気ネット証券ランキング

インターネットの普及が進んだ事により、様々なサービスが自宅に居ながらにして受ける事が出来るようになっています。ネット通販やネットバンクなどを利用している人は年々増加しています。

インターネットを通じて証券取引に関するサービスを提供している会社の事をネット証券会社と呼んでいます。店舗での窓口業務も並行して行っている証券会社や、ネット取引に特化している業者など営業形態は多様です。

業者ごとにサービス内容には違いがあり、自分に合ったネット証券会社を選択する事が可能です。特に証券取引の経験がない初心者の場合は、業者選びが重要なポイントとなります。

ネット証券の魅力は、総合証券と比較すると手数料や口座管理料があまり掛らないという点を挙げられますが、比較検討を行う事により、さらに低価格でのサービスを提供しているネット証券会社を見つける事が出来ます。

人気のネット証券会社は、安さと共に充実したサポート体制をとっており、初心者でも安心して取引を行える環境が用意されています。投資に関してだけではなく、パソコンのトラブルに対しての対応している業者があるので、総合的なサービスを受ける事が出来ます。

現在人気を集めているネット証券会社を探す方法としては、インターネットの比較サイトの利用などがあります。



初心者におすすめの人気ネット証券ランキング

SBI証券

口座開設者数300万人超(2016/1/21)とネット証券No.1の実績!業界屈指の格安手数料!
株式以外にも投資信託をはじめ、債券、FXなどの金融商品も取り扱っているので1口座で自由な投資・資産運用ができますよ。

SBI証券は、SBIグループが運営する業界最大手のネット証券です。

国内株式から外国株式、投資信託から債権、先物オプションなど、投資商品も豊富にラインナップされています。


SBI証券の特徴の一つは、業界でも最安値と言われる手数料設定です。

手数料の支払いは、投資における利益を減らす要因となります。

頻繁かつ大量に取引を行う方ほど、SBI証券の手数料の安さは魅力的に感じるはずです。


投資信託の扱い数が多く、分配金やリターンなどの点からも優れたファンドが揃っています。

手数料の点で有利なノーロードタイプの投資信託も多く、安定した投資運用に欠かせません。


SBI証券のサービスで面白いのが、単元未満株(S株)と呼ばれるものです。

通常、株取引を行う際には、一定の株数が売買単位として決められています。

しかしSBI証券の単元未満株(S株)を利用すれば、より少ない株数で取引を行うことが可能になります。

これによって資金が足りないために取引できなかった銘柄に関しても、少額ながら投資を行えるようになります。


貸株サービスという投資家にうれしいサービスもあり、これは持っている株式をSBI証券に預けることで貸し株金利を受け取ることができるというものです。

保有したはいいものの値下がりによって損失を抱えてしまった株式でも、この制度を利用して預けることで金利を獲得し、資産を増やすことが可能になります。

SBI証券



GMOクリック証券

GMOインターネットグループが運営するネット証券会社です。手数料の満足度ランキングや、HPのわかりやすさで第一位獲得!業界最安値水準の手数料を提供しています。注文が可能なレーザー注文、リアルタイムに変化するチャート上からもスピーディーに注文できます。

GMOクリック証券は、インターネットに関わる様々なサービスを提供するGMOインターネット株式会社のグループ企業です。

ネット上で株式取引ができるオンライン証券会社として知られており、提供されているサービスの豊富さや手数料の安さなどから高い評価を得ています。


GMOクリック証券の特徴としては、株式以外にもFX取引や先物オプション取引、さらにはCFDやeワラントまで扱っている点にあります。

一度口座を開設しておけばこれら数多くの投資商品を始めることもできるので、投資目的やポートフォリオの変化に合わせて運用しやすい証券会社と言えます。


特にFX取引では為替レートの差益を狙う一般的なタイプに加えて、一定時間後の価格を予想するだけでよい外為オプション取引も用意されています。

FX取引に関心はあるが難しそうと感じている方は、まずはGMOクリック証券にて外為オプション取引からデビューしてみるとよいでしょう。


GMOクリック証券は、取引ツールの使いやすさからもおすすめできる業者です。

パソコンから注文する際に使える取引ツールでは、様々な発注方法が用意されている他、リアルタイムに更新されるテクニカル指標によって素早くマーケットのトレンドを分析できます。

スマートフォン用の取引ツールも充実しており、外出先でもすぐに取引できる環境が整っています。

GMOクリック証券



SMBC日興証券

日本3大証券の一つである日興コーディアル証券が社名変更をした、三井住友ファイナンシャルグループの運営するネット証券会社。
ダイレクトコースなら、オンライントレードでの信用取引委託手数料が完全に無料となっています。現物取引でも支店で取引した場合に比べて70%割引ととってもお得ですよ。

SMBC日興証券は、三井住友フィナンシャルグループの証券会社です。

安心して利用できる証券会社として数多くの特徴を持っており、投資デビューをするなら真っ先に検討しておきたい会社と言えます。


SMBC日興証券の最大の特徴は、取引できるコースが2種類用意されている点にあります。

まず一つは、支店の担当者からのアドバイスを元に取引できる総合コースです。

SMBC日興証券では全国に多数の支店を抱えており、そこの担当者から投資情報などを提供してもらいながら取引できるようになっています。

投資は多額の資金を運用するだけに、誤った判断で行ってしまうと大きな損失にもなりかねません。

どのような銘柄を買うべきか手厚くサポートしてくれるSMBC日興証券であれば、そうしたリスクを抑えながら資金を運用することができます。


もう一つは、自分の判断で自由に取引できる、ダイレクトコースです。

このコースではオンライントレードに限定されるものの、自分のペースで取引を進めることができます。

取引に関しては自分で投資情報を分析する必要がありますが、手数料は割安に設定されているというメリットもあります。

もちろんサポートに関してはどちらのコースについても用意されているので、操作などの面で迷った際でも安心できます。


三井住友銀行の口座と連携することで資金の移動も迅速に行えるなど、使い勝手の良さも魅力です。

SMBC日興証券



楽天証券

楽天グループが運営するネット証券。国内株式の手数料は、初心者~上級者の方にもうれしい業界最低水準の格安手数料となっています。
取引すればするほど、投資コストの低さを実感することができますよ。

楽天証券は、株式やFX、投資信託などをインターネット上で取引できるネット証券会社の一つです。


特徴としては扱っている投資商品が豊富に揃っており、色々な目的に合わせて投資先を選べるようになっている点にあります。

例えば国内株だけでなく、海外株の取引を行うこともできます。

話題の多い米国株や成長性が魅力の中国株やアセアン株式なども取引できるので、投資に幅を持たせることができます。


取引ツールが充実しているのも楽天証券の特徴です。

パソコンからの取引には、マーケットスピードと呼ばれる高機能ツールが用意されています。

銘柄について株価だけでなく気配値や歩み値なども確認できるなど、投資に役立つ機能が数多く搭載されています。

スマートフォン向けの取引ツールも、株式、FX、先物オプションと用途に応じて揃っています。

ネット証券ならではの、トレードチャンスに素早く取引できる環境が魅力です。


さらに楽天グループのサービスらしく、取引で楽天市場で使えるポイントももらえます。

国内株式を取引すると、手数料100円毎に1ポイントがもらえます。

投資信託に関しては残高に対してポイントが貯まっていくので、差益に加えてポイントによる還元で利益を増やすことも可能です。


楽天銀行からの資金の移動も瞬時に行えるなど、使いやすいサービスの多さが楽天証券の良さと言えます。

楽天証券



マネックス証券

東証1部上場のネット証券最大級の証券会社です。サイトがとても使いやすくなっており、評判が高いです。
株式売買手数料はパソコンをはじめ、携帯でも業界最低水準の100円(税別)ととってもリーズナブルですよ。

マネックス証券は、株式や投資信託などをネットで取引できるネット証券会社の一つです。


扱っている投資商品は国内株式や信用取引に加え、米国や中国といった海外の株式も取引できるのが特徴です。

他にもETFに関しては国内・海外共に利用できる他、債権や金などの取引も行えます。

株式市場が軟調な時には違う投資商品でというように、相場に合わせて柔軟に投資商品を選びたい人におすすめの証券会社です。


マネックス証券では、通常よりも少ない資金で取引できる単元未満株も用意されています。

ワン株と呼ばれるこちらのサービスでは、通常であれば多額の資金を用意しないと売買できない銘柄についても、少額で1株から取引できるようになっています。

投資の初心者なので少しずつ始めたいという方はもちろん、様々な銘柄に分散投資してリスクを抑えたいという方にも便利なサービスです。


ネット証券会社を利用する際にはパソコンの扱い方にも熟知している必要がありますが、マネックス証券ならばパソコン操作の質問にも回答してくれるサポートが用意されています。

投資に役立つ情報も多い上に、資産運用に関するコンテンツも多く提供されています。

サポートがしっかりしている証券会社を選びたいというのであれば、マネックス証券はベストな選択と言えます。

マネックス証券



松井証券

松井証券は、インターネットから株式や先物、FXなどの取引を行える、ネット証券会社です。


扱っている投資商品は現物や信用取引などの株式取引に加えて、海外も含めた先物取引、さらにはETFやREITも揃っています。

さらにFX取引も行えるなど、人気の投資商品の多くが揃っている証券会社です。


松井証券のメリットは、手数料が安い上にシンプルである点にあります。

例えば株式取引において一日の約定代金が10万円以下であれば、無料で取引できます。

さらにボックスレートと呼ばれる定額制を採用しているため、売買の回数が多い場合でも手数料によるコストが膨れ上がってしまうということがありません。

一株だけ取引したいという方はもちろん、デイトレーダーの方にもおすすめできます。


保有する株式を松井証券に預けることで収益につながる、預株制度も大きな魅力です。

株価が下がってしまい塩漬けとなっている場合でも、預株制度を利用して松井証券に預ければ預株料を受け取れることもあるのです。

損失が大きくなりすぎた株式を運用できる、投資家にとってうれしいサービスです。

v 取引ツールについてはインストール型の高機能なものが提供されており、株式取引の注文時などは板を見ながら素早く発注できます。

投資情報も国内はもちろん海外市場についても取引ツールから確認できるなど、充実しているのが特徴です。

松井証券



カブドットコム証券

カブドットコム証券は、三菱UFJフィナンシャルグループのネット専業証券会社です。

主に株式取引を中心に、投資信託や債権、さらにはFX取引や先物オプション取引まで幅広く扱っているのが特徴です。


カブドットコム証券では、無料で確認できる投資情報が非常に充実しています。

モルガン・スタンレー証券のアナリストによるレポートが無料で配信される他、様々なメディアで活躍するアナリストによる情報を参考にすることができます。

取引ツールについても使いやすい銘柄分析と多彩なテクニカル指標を有しており、1秒保証と言われる業界でも最速の発注速度も魅力の一つです。


投資家のリスク管理を助けてくれる、自動売買に適した発注方法が揃っている点もカブドットコム証券の利点です。

指定した価格での売買を可能にする逆指値はもちろんのこと、利益を大きくしてくれるトレーリングストップや、イベント時の取引に便利な時間指定注文も用意されています。

これらの豊富な機能によって、投資効果を最大化できる環境が揃っている証券会社と言えます。


投資コストを抑えてくれる割引プランも多く、中でも50歳以上であれば優遇されるシニア割引の存在は魅力的です。

同様に女性であれば売買手数料を割り引いてもらえる女子割もあるなど、利用しやすい特徴が揃っている証券会社です。



ライブスター証券

ライブスター証券は、売買手数料が業界でもかなり安いことで評判のネット証券会社です。


扱っている投資商品は株式取引を筆頭に、日経225などの先物オプション取引や投資信託、さらにFX取引も用意されています。

中でもおすすめなのが、株式取引手数料の安さです。

約定代金が10万円以下であれば、84円という安さで取引できます。

一回の取引額が少ない方におすすめの証券会社です。


またライブスター証券は、FX取引のサービスにおいても他社よりも優れたメリットを持っています。

ポジションを持っているだけで毎日付与されるスワップポイントが、業界でも最高水準となっているからです。

豪ドル円やランド円といった資源国通貨を中心にスイングトレードをされる方には、有利な業者と言えます。

スプレッドについても原則固定となっており安心してトレードできることから、株式取引と同時に為替でも運用したいという際に便利です。


ネット証券会社の使い勝手を左右する取引ツールに関しても、ライブスター証券には高性能なものが用意されています。

板を見ながら発注できる他、チャートからも発注することができます。

投資情報だけでなく資産運用に便利なポートフォリオ機能も備わっているなど、投資を行いやすい環境が揃っています。





ネット証券と店舗型証券会社との違いは?

ネット証券と店舗型証券会社との違いは?

インターネットで証券取引に関する多様なサービスを提供しているネット証券は、店舗型証券会社とは異なった魅力があります。主婦や学生などの利用者が増加しており、今後さらに発展していく事が予測されています。

ネット証券の魅力は手数料が安いという点をまず挙げる事が出来ます。インターネットに特化したサービスであるので、実店舗なしでも営業する事が可能であり、店舗維持費や人件費を削減した事が理由となっています。

ネット証券のデメリットとしては、店舗型証券会社を利用する場合の担当者に該当する存在がいないので、十分なサポートを受けることが出来ないという部分があります。自分ですべての事を決定しなくてはならないので、ある程度の知識が必要となります。

もちろん、あくまでも一般的な傾向であり、サポート体制を充実している業者も存在しています。しかし店舗型証券会社と比較すると自己責任の割合が高くなっている事は間違いがありません。

手数料が安く自由な取引を24時間行う事が出来るというのがネット証券の魅力です。自由と責任は表裏一体であるという事は認識しておく必要があります。現在では少額の取引が可能な商品も多数用意されており、必ずしもハイリスクというわけではなくなっています。

自分のペースで進行できるのがネット証券の長所です。 口座を開設する事により現金プレゼントなどのキャンペーンが実施されているのも従来型の証券街所との違いです。



ネット証券の失敗しない選び方

ネット証券の失敗しない選び方

オンライン証券という呼び方もされているネット証券は、インターネットで証券取引に関してのサービスを提供しています。インターネットの特徴を生かしている点が魅力であり、大手証券会社も続々と参入しており、サービスは活性化している状況です。

ネット証券は多数の業者が存在しているので、失敗しない選び方が重要となります。自分がどのような取引を望んでいるのかによって、適当な業者は違ってくるので、事前の情報収集が必要です。

現在人気を集めているのが、ミニ株と呼ばれる売買単位株の10分の1の株数から投資出来る商品です。少額で購入できるのが魅力であり、投資経験の少ない利用者でも安心して取引を行える内容です。

ところがミニ株は、全てのネット証券で取り扱っているわけではありません。ミニ株が目当てでネット証券の口座を開設するのであれば、取り扱っている商品についても注意しなくてはなりません。

入金や出金の方法など使い勝手についても知っておく必要があります。これらの情報については、実際の利用者による感想が参考となります。様々な視点からの比較を行う事によって、適切な業者を選ぶ事が可能となります。

ネット証券は、店舗型の証券会社で取引を行うよりも自分で学習する部分は大きくなっているので、初心者が業者選びを行う場合は、サポートシステムについて注目する必要があります。



ネット証券の一般的な手数料は?

ネット証券の一般的な手数料は?

インターネットを利用して株式売買をやる人が増えてきました。気軽に自宅で始められるからです。ただ、ネット証券を介した株式売買は手数料を取られます。もちろん、ネット証券が手数料を収入源としていますから、まったく手数料なしはありえません。したがって、できるだけ安い手数料の証券会社を利用する方が得になるのです。それでは、人気の高いネット証券会社の手数料を紹介しましょう。

一部には口座開設キャンペーンとして一定条件で手数料無料となる場合もあります。しかし、それがずっと続くわけではありませんから、通常の手数料を知っておくことが大切です。また、手数料は売買金額によって変わってきます。

SBI証券の場合は、10万円まで145円、20万円まで194円、50万円まで285円、100万円まで511円です。売買単位が大きくなるにつれて、手数料は割安になっていきます。楽天証券では10万円まで145円、20万円まで194円、50万円まで358円、100万円まで639円となっています。

ネット証券会社によって、売買金額毎の手数料が違います。これは取引を行っている単位の金額の多いところを安くしているのですから、その証券会社で取引している人の金額を反映しています。このように自分が取引をする金額の手数料で比較することが大切です。



ネット証券での口座開設の流れ

ネット証券での口座開設の流れ

ネット証券を利用すれば、インターネット回線を用いてパソコンや携帯電話等を利用して株式取引を行う事ができます。

ネット証券を申し込みにあたっては、所定の手続きを行う必要があります。ネット証券業者によって多少の違いはありますが、大体同じ手続方法です。まずはネット証券のホームページにアクセスして下さい。そこから口座開設を行うページがありますのでクリックして下さい。
まずは、名前や住所といった個人情報を入力します。それから、職業や資産、株式取引を行う金銭が借金等を利用したお金ではないかというような確認事項を選択式で尋ねられます。また、勤務先が証券市場に上場しているのであれば、その点を明確にして記載する必要があります。

無事に入力を終えますと、身分証明書を送る必要がありますので、デジタルカメラなどで身分証明書を撮影してwebのフォームから送信したりメールで送信するような形を取るか、郵送で身分証明書を送ります。身分証明書がネット証券業者に届いてから審査が開始されます。

審査については、口座開設しても問題がないかという事を様々な観点から審査が行われます。無事に審査をクリアしますと、数日で口座開設完了の通知が郵送等で送られてきますので、そこに口座番号やパスワードが記載されています。あとはそれを元にログインを行なって、口座にお金を入れれば晴れてネット証券で取引ができる事になります。ネット証券を利用すれば簡単に株の取引ができるので、大変便利です。






同じカテゴリーの最新の記事

  • ネット証券のおすすめ選び方と口座開設方法

    ネット証券はこんな方におすすめですよ ネット証券は従来の証券会社に比べると数多くのメリットを持っているので、多くの方におすすめできます。 例えば、自分で上がりそうな銘柄を探し出して取引できるような人には、ネット証券はおすすめです...


  • 初心者におすすめの人気ネット証券ランキング

    インターネットの普及が進んだ事により、様々なサービスが自宅に居ながらにして受ける事が出来るようになっています。ネット通販やネットバンクなどを利用している人は年々増加しています。 インターネットを通じて証券取引に関するサービ...