バイナリーオプション初心者マニュアル|資金・取引回数・ペイアウト倍率・攻略法など



バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションってどんな取り引き?

バイナリーオプションとは、為替相場や商品市場を対象にして投資を行う金融商品の一つです。


ドルやユーロ、円といった世界の主要通貨は、買いたい人と売りたい人によって取引レートが決められています。


取引レートは需要と供給に加えて、経済状況や金融政策などの影響を受けて常に変動しているのが特徴です。


この取引レートの値動きを対象にして、大きく円高(円安)方向を予測して資金を増やすのがバイナリーオプションです。



FX取り引きとの違いは?

為替相場を対象にした同様の投資商品としては、FX取引が知られています。


バイナリーオプションもFX取引に非常に似ているのですが、より取引しやすいというメリットを多く持っていることから投資家から高い評価を得ています。


バイナリーオプションの最大の特徴は、FX取引と違ってシンプルであるという点にあります。


バイナリーという名称が意味するように、投資家が予測するのは為替レートが基準よりも上に行くか下に行くかのみです。


予測するにあたって考慮すべき事柄も少なく、気軽に取引を始めることができます。



バイナリーオプションはリスクが最小限!?

投資をする際に気になるリスクについても、最小限に抑えられているのも大きなメリットです。


FX取引では予測と反対に相場が進むと、それに比例して損失も増えていきます。


バイナリーオプションでは損失は購入時に支払うプレミアムのみに限られますから、損失が膨らむこともありません。


一定時間が経つと自動的に判定が行われ損益が決まるため、損切りができない人にも向いた金融商品です。

バイナリーオプションの資金はいくらから始められるの?


50円から取り引きできるの?!

数ある金融商品の中でもバイナリーオプションの人気が高い理由の一つに、少ない資金でも始められるという特徴があります。


金融商品の代表格である株式取引を見ると、100株から1,000株単位で購入するため10万円程度の資金が必要になります。


安心して買える大企業の株式を選ぶとなるとその倍以上の資金が必要になるなど、意外と敷居が高いものです。


一方でバイナリーオプションの場合、必要な資金は業者によって異なるものの、50円から取引できるところがたくさんあります。


最大購入金額も1,000円以下に設定されている業者が多く、まさにお小遣い感覚で投資をスタートできるのです。


バイナリーオプションは損失が限定されるという特徴も持っているため、FX取引のように多めに資金を用意する必要もありません。


ロスカットを考えるといくらお金を入れておけばいいのか、などと悩むことなく気軽に取引できるのもメリットです。



コストも最小限!

取引時以外に余計なコストがかからない点も、バイナリーオプションの良い所です。


取引するにあたって手数料は必要ありませんし、口座を開設したり維持していく上でも費用はかかりません。


インターネットでの取引に限定されるため、プロバイダ料金やパソコンの費用はかかるかもしれません。


しかしそれらの取引環境は他の目的にも使用できるので、実質的な費用は非常に少ないといえるのも大きな魅力です。


バイナリーオプションは1日に取引できる回数は決まっているの?


取り引き回数は何回?

他の多くの投資商品では1日に何度取引しても構わないのに対し、バイナリーオプションではその回数に制限が設けられています。


1日あたりの取引回数の上限は、業者によって異なるものの、30回から100回程度となっています。


このように取引回数に上限が設けられている理由は、利用者のリスクを抑えるためです。


バイナリーオプションは少ない資金でも取引できるとあって、つい夢中になって取引を繰り返してしまう利用者も多くいます。


結果として大きな損失を出してしまうこともあり、リスクの範囲を超えた取引になることのないよう業者が制限しているのです。


制限があることでトレードしづらいと感じるかもしれませんが、資金を管理してくれる機能が付いていると考えると良いサービスと言えるでしょう。



取り引き回数に制限がない業者もアリ!

一方でこうした取引回数の制限がない業者もあります。


これは海外のバイナリーオプション業者に多く、1日あたりの取引回数は無制限となっています。


取引に慣れてきた方やわかりやすい相場に遭遇した時などは、取引回数に制限のない業者を選ぶと大きな利益が期待できます。


もちろん損失が増えるリスクもあるので、その点については自分で管理する必要があります。


バイナリーオプションを利用する際には、自分のトレードスタイルに照らして適した業者を選ぶようにしましょう。


海外の業者を選ぶとどんなメリット・デメリットがあるの?


海外業者ならではのメリットとは?

今、バイナリーオプション取引をするなら海外業者がベストと考える人が増えています。


これは海外業者には、国内業者に見られない多くのメリットがあるからです。


まず注目したいのが、海外業者ならではのペイアウト倍率の高さです。


ペイアウト倍率とは、取引で勝った場合に受取額を決める倍率のことをいいます。


海外業者は総じてこのペイアウト倍率が高く設定されており、より稼ぎやすい環境が揃っていると言えます。


国内業者のペイアウトは固定であることが多く、その点でもリスクを取って大きなリターンを得たいと考えている人に最適です。


1日の取引額が高い点も、海外業者を使う利点と考えられます。


国内業者では1日あたりの購入枚数に上限があることが多く、大きな相場で勝負に出たいと思ってもそれができません。


海外業者なら取引額が高いので、ここぞという時に大きく賭けて利益を増やすことができます。


海外業者は取扱商品が豊富なことも多く、相場環境に合わせた自由度の高い取引ができる点も利点です。


通常の為替に加えて、株価や株価指数、先物に対応している業者もあります。


トレンドが出ている相場を狙って取引できるのは、海外業者の便利な点です。



どんなデメリットはあるの?

このように魅力の多い海外業者ですが、サポート体制などを見ると国内業者に比べると充実していません。


取引ツールなども全て英語で表記されているため、自分で調べて使いこなせる人向けといえるかもしれまえん。


ペイアウト倍率で比較!


ペイアウト倍率が高い業者はどこ?

バイナリーオプション取引で得られる利益を左右するのが、ペイアウト倍率というものです。


予測が当たった時に得られる受取額を決めるペイアウト倍率は、取引する業者によって異なります。


小数点以下のわずかな違いに思えても、賭け金によっては受取額が大きく変わってきます。


投資効率を良くして資金を増やしていくには、このペイアウト倍率を比較して取引業者を選ぶようにします。


一般的に海外業者の方が高いペイアウト倍率を提供していると言われ、高いところでは1.8倍を超える業者もあります。


倍率のみを重視するなら海外業者がおすすめです。



ペイアウト倍率を比較する時の注意ポイント!

ただしペイアウト倍率は、その時の相場によっても変動します。


これは計算式によって相場ごとに決定されるためで、予測しやすい時に提示されるのは低い倍率です。


業者がホームページなどで記載しているペイアウト倍率が実際に提示されないケースもあるので、デモ口座などを使って確認するようにします。


ペイアウト倍率を確認する際には、自分が取引する商品がどうなっているのかを見るようにします。


メジャー通貨のみ倍率が高く、他の商品は低いこともあるので注意してください。


ペイアウト倍率が固定となっている国内業者ですが、チケットの額によっては実質的な倍率が海外業者を超えることもあります。


常に確認しておくことで、海外業者より稼ぐこともできます。


最低入金額で比較!


バイナリーオプションの口座を開設して次に行うのが、取引の元手となる資金の入金です。


入金時に気を付けておきたいのが、最低入金額というものです。


口座への入金額は1円でも可能というわけではなく、その最低額が業者によって決められています。


その金額も業者によって異なるため、口座開設を検討する際の大切なポイントとなります。


なぜなら最低入金額の高い業者を選んでしまうと、取引する際に多額の資金が必要になるからです。


チャートを見て自分の勝ちパターンを見つけたので取引しようと思っても、高すぎる最低入金額を用意できないがためにチャンスを失うことも考えられます。


バイナリーオプションの最大のメリットは、少ない資金でもお小遣い感覚で取引できる点にあります。


多額の資金が必要となると取引しづらくなることもあるため、口座開設前にいくらからの入金に対応しているのか確認するようにします。


最低入金額について国内業者と海外業者を比べると、海外業者の方が最低入金額が高く設定されています。


海外業者の場合、安くても5,000円から、高くなると1万円からなどと業者によって差があるため、事前の比較が重要になってきます。


一方で国内業者の場合、最低入金額が指定されていないところが多いようです。


気軽さで選ぶなら、国内業者の方が使い勝手が良いといえるかもしれません。

バイナリーオプションの商品数で比較!


バイナリーオプション業者のほとんどが扱っているのが為替です。


ドル円やユーロドルといった呼び名で取引される為替は、新聞やニュースなどで値動きを確認できることから取引しやすいのが特徴です。


通貨ペアを選べばボラティリティもそれほどないため、安心して取引できます。


国内業者の多くは為替のみを扱っていますが、海外業者に目を移すと、それ以外にも多様な商品を扱っているのがわかります。


例えば株式や株価指数などは、海外業者の多くが取り扱っています。


特に株価指数は日本市場を始めとして、ウォール街やドイツ市場など幅広く揃っているので投資に最適です。


海外株を取引しようとすると手続きや手数料など面倒な面が多いのですが、バイナリーオプションを活用すれば手軽に取引できるのは大きな利点です。


先物市場についても、海外業者の多くが取り扱っています。


原油や金、銀、砂糖など幅広く揃っており、こうした業者を選ぶことはエントリーの機会を増やすことにもつながります。


はじめのうちはわかりやすい為替のみを取引するのがいいかもしれません。


しかしある程度慣れてくると、色々な相場の値動きを確認して勝てるところを見つけるのが効率的だと気づきます。


また取扱商品数が多い業者を利用していると、投資の幅も広げることができます。


複数の業者を比べてサービスの点で特に違いがないのであれば、後々のことを考えて取扱商品数の多い業者を選んでおくと便利です。


日本の業者を選ぶとどんなメリット・デメリットがあるの?


どんなメリットがあるの?

バイナリーオプションの取引ができる業者は日本に加えて海外にもあるため、そのメリットやデメリットを理解した上で選ぶようにします。


日本のバイナリーオプション業者を選ぶメリットとしてまずあげられるのが、充実したサービスやサポート体制です。


取引ツールなどはその一例で、ユーザーインターフェースを考えた上で設計されているので、取引ボタンやレートの表示などわかりやすく作られています。


取引に必要な情報についてもニュース配信や詳細なチャート表示、加えて多様なテクニカル分析も実行できるなど、1つの取引ツールで必要な機能が全て搭載されているのも日本の業者の大きな強みです。


取引時は相場の急変などが起こることで、焦って誤発注をしてしまう恐れもあります。


そうしたリスクを考えると、日本語表記で使いやすい国内業者は選ぶ価値があると言えます。


わからない点がある場合でも、国内業者なら日本語で応対してくれるコールセンターが用意されています。


安心して取引に集中できる環境が、日本のバイナリーオプション業者にはあります。



どんなデメリットがあるの?

逆にデメリットをあげるなら、取引できる業者の数が少ないのはそれに当たるかもしれません。


国内ではまだ数社しかバイナリーオプションに参加しておらず、選択できる余地が限られています。


取引対象が通貨に限られている点も、取引の自由度が少なくなるためデメリットと言えそうです。

バイナリーオプションに攻略法はあるの?


1.為替レートのチャートの読み方を身につけよう!

バイナリーオプションで儲けるには、為替相場と向き合って値動きの特徴を知ることが大切です。


そのためにもまず理解しておきたいのが、為替レートのチャートの読み方です。


値動きを視覚的に見やすくしたチャートは、株式取引でも使われている便利なツールです。


一見すると理由もなくジグザグに動いているように見えるチャートでも、その読み方を知ることで次の動きを予測できるようになります。


一例として、大きな流れの中での押し目や戻りを狙うといった攻略法があります。


日足や4時間足などの長めのチャートで一方向へのトレンドが出ている時には、それと反対にチャートが動いた時でもまた戻りやすいという傾向があります。


これを知っていれば、チャートが同じようなパターンになった時を見計らって取引することで、勝率を高めることができます。


こうしたチャートの読み方については、書籍やネットなどで解説されています。


初めて取引する方は、一度目を通しておくとよいでしょう。



情報収集はこまめに!

加えて経済指標や金融政策の発表といった、相場を大きく動かす要因についても情報を仕入れておきます。


例えばアメリカの雇用統計などは、世界中が注目している数値です。


そのため雇用統計発表時には相場が大きく動くため、普段と同じ意識で取引していると損失を抱え込むことにもなりかねません。


取引時にはそうした相場を動かす要因がないかどうか、取引ツールやニュースサイトなどで事前に確認しておくことが重要です。







同じカテゴリーの最新の記事