ネット証券のおすすめ選び方と口座開設方法



ネット証券はこんな方におすすめですよ

ネット証券は従来の証券会社に比べると数多くのメリットを持っているので、多くの方におすすめできます。


例えば、自分で上がりそうな銘柄を探し出して取引できるような人には、ネット証券はおすすめです。

色々と投資商品をすすめられることがないので、自分の相場観のみに忠実に従ってトレードできるからです。

逆に何を買えばいいのかさっぱりわからないという人には、ネット証券は不親切に感じるかもしれません。


取引コストを少しでも抑えたいという人にも、ネット証券は便利です。

株式売買手数料が非常に安く抑えられているので、取引による利益を最大限に享受できます。

証券会社によっては、取引数量が一定量以下の場合には手数料を全く必要としないところもあります。

手始めに少しだけ株式売買を楽しみたいという人にも使いやすいサービスと言えます。


ネット証券の良い点は、売買したいと思った時にすぐに注文を出せるシステムが実現されていることです。

この点を考えると、リアルタイムに相場を見ながら頻繁に売買を繰り返すといった、
スキャルピングやデイトレードを行っている投資家の方にもおすすめできます。

証券会社に連絡して取引したい銘柄と数量を伝えるといった面倒な手続きが必要がなく、相場の流れにすぐについていき利益を最大限に狙うことが可能です。

初心者でも大丈夫!ネット証券で株の始め方とは?

これから株式取引を始めたいというのであれば、ネット証券でスタートするのがおすすめです。

従来の証券会社のように、購入する銘柄をすすめられることがありません。

欲しい銘柄を自分で決めて、自由に取引できるという大きなメリットがあるからです。

コストの点でも恵まれているなど、初心者にとってはうれしい条件がネット証券には揃っています。


実際にネット証券を使って株式取引を始めるには、まずはインターネット回線を契約します。

すでに自宅に回線が引いてあればいいのですが、まだの場合には家電量販店などを訪れることで回線を設置してもらえます。

さらに取引に使うパソコンなどの端末が必要になります。

それほど古くない機種であれば問題なく取引できますし、家電量販店などではインターネット回線を契約することでパソコンを割安で購入できるキャンペーンが行われていることも多く、それを活用するのも一つの方法です。


次にインターネットを使って好みのネット証券会社のホームページにアクセスし、口座開設を依頼します。

フォームに住所氏名などを入力すれば、後は手続書類が届くのでそれに書き込んで返送することで口座が開設されます。


最後に、開設された取引口座に投資資金を振り込み、これで初めて売買注文が行える状態になります。

投資資金の振り込みは近くの銀行からも行えますが、ネット銀行口座を持っていればリアルタイムで入金できるので便利です。

ネット証券ならではのメリットとリスクとは?

株式取引を行う際にネット証券を利用すれば、数多くのメリットを得られます。


その一つが、取引手数料の安さです。

従来の証券会社と違って大幅なコスト削減に成功しているネット証券は、それを割安な手数料設定という形で私たちに還元してくれています。

投資で利益を増やすには、取引コストを少しでも減らすことが重要です。

そうした観点からも、ネット証券は投資家にとって大きな味方と言えます。


さらにネット証券では、豊富な投資情報を無料で閲覧することができます。

以前であればお金を払わなくては閲覧できなかったプロによる投資判断なども、ネット証券の口座を開設しておけば参考にすることができるのは大きな魅力です。

トレードツールも充実しており、テクニカル分析用のツールがいくつも用意されているので、プロの投資家と同様の取引環境も手に入ります。

勘に頼るのだけではない、勝率の高い取引がネット証券を使うことで実現できます。


一方でリスクとして考えられることとして、投資に関わる判断を全て自分で行わないといけない点には注意が必要です。

例えば悪いニュースが出ている銘柄を知らずに買う場合でも、誰も警告してくれません。

注文する銘柄や注文数のミスなど、取引の失敗は全て自分の責任となる点には気をつけてください。

ネット証券口座開設の手順と注意点とは?

ネット証券で口座を開設する場合には、まずはその証券会社に開設の申し込みを行います。

通常はインターネットで受け付けているので、ネット証券のホームページにて口座開設のためのページを見つけ、そこで氏名や住所などを入力することになります。


入力された個人情報に従って、口座開設用の書類が自宅へ届けられます。

そこにある記入例に従い、書類の入力欄を埋めて返送します。


この際に注意したいのが、同時に必要書類と呼ばれるものを返送する必要がある点です。

証券会社の口座を開設するにあたっては、申し込んだ人物が本当に存在するか確認するために、本人確認書類を必要とします。

保険証や自動車運転免許証、パスポートなどの証明書のコピーを、指示に従って返送します。

どういった種類の本人確認書類が必要なのかはネット証券会社によって異なるので、送られてきた書類に従って間違えずに同封するようにします。

本人確認書類に関しては、有効期限内であることも忘れずに確認します。

ここで効力のない本人確認書類を同封してしまったり、そもそも書類の同封を忘れてしまうと口座開設が遅れることになるので注意が必要です。


書類返送後に、証券会社にて審査が行われます。

問題がない場合には審査完了の旨がメールなどで送られてくるので、それを確認することも忘れないようにしてください。

ネット証券口座の開設はキャンペーンを利用するとお得!

ネット証券会社では、取引口座を開設することで現金などがもらえるキャンペーンを頻繁に開催しています。

もらえる金額は会社によってそれぞれですが、数千円程度はもらえるのでお得です。

これを元手にして投資を始めることもできますし、初心者の方であればもらった金額分まで損失を許すといったトレード法もあります。

普通に口座を開設しても一円ももらえませんので、できるだけ証券会社のホームページをチェックするなどしてキャンペーンの機会を逃さないようにしましょう。


口座開設キャンペーンでは、現金をもらうための条件が指定されていることもあります。

これも会社によって異なるので、参加する際には必ず確認するようにします。


最も多い条件としては、期日までに口座を開設するというものです。

これはキャンペーン期間さえ確認しておけば、間違いはありません。

また、口座開設後に一定額を入金すること、といった条件が指定されていることもあります。

投資に回す資金が少ない場合には、その条件を満たすことも難しくなってしまうので事前に注意してください。

場合によっては、
口座開設後に特定の投資商品を取引することが求められていることもあります。

何をどれだけ取引すればいいのか確認し、しっかりと条件を満たせるよう確認しておいてください。

ネット証券の失敗しない選び方とは?

使いやすい特徴を持つネット証券は、今では複数の業者が進出するようになりました。

そのため自分に合ったネット証券を選んで口座を開設するには、それぞれの業者について比較することが重要になってきます。


そこでまず調べておきたいのが、各社の売買手数料の違いです。

同じネット証券といっても、会社によって設定されている手数料はまちまちです。

投資においてはこうした手数料などのコストを少しでも減らすことが鉄則ですから、まず第一にこの点を比較するようにします。


次に、証券会社で扱っている投資商品のラインナップについても見ておきます。

例えば国内株についてはほとんどの会社で扱っていますが、海外株となると扱っているところも限られてきます。

さらに特定の国の株式を取引したいのであれば、さらに選べる証券会社は少なくなります。

せっかく投資をしようと思い立って口座開設するのですから、目的の投資商品を取引できるか調べておくようにします。


意外に見落としがちなのが、入金や出金のしやすさです。

対応している金融機関が多いほど、余計な手数料を支払う必要がなくコスト削減につながります。

ネット証券ならではのリアルタイム入金が用意されている会社であれば、取引したい時に迅速に資金を移動できるので便利です。

出金に関しても、依頼してから自分の口座に振り込まれるまでなるべく早い会社を選んでおけば利便性が増します。

ネット証券によっては目的の投資商品がない事も?!

ネット証券会社の口座を開設する際には、取り扱っている商品を調べた上で選ぶという方法も有効です。

というのも似たようなサービスを提供しているように見えるネット証券会社ですが、実際には取扱商品にはかなりの違いがあるからです。

特に事前に取引したい投資商品が決まっている場合、何も考えずに証券会社を選んでしまうと、目的の投資商品がなかったということにもなりかねません。

自分がどんな投資スタンスを考えているのか書き出し、それに対応できる投資商品を扱う証券会社を選ぶようにしましょう。


まず株式取引ですが、一般的な国内株式に関しては、ほぼ全てのネット証券会社で提供されています。

一方で海外株式となると、扱っている証券会社は限られてきます。

米国株や中国株、さらにはインドネシアやマレーシアのような新興国市場など、投資したい地域の商品を扱っているか事前に確認するようにします。


最近では、投資信託の人気も高まっています。

しかしこれについても、証券会社によってその扱っている本数が異なってきます。

選択の自由度を考えると、できるだけ取扱本数の多い証券会社を選んでおくと便利です。

また投資信託の場合には、手数料のかからないノーロードタイプも人気です。

コストを重視したいのであれば、ノーロード投信の本数が多く揃っている証券会社を選んでおくと投資に有利です。

ネット証券で取引できる主な商品

国内株取引

株とは企業が経営目的で資金の出資者を募った際に発行す証明書です。国内株取引を行うにはまず株式会社の株を買うことから始まります。実際に株式の発行は企業が行っていますが、投資家が株を買うのは売買の仲介をしてくれる「証券会社」からです。証券会社が投資家から受けた売買注文を「証券取引所」に取り次ぎをし、証券取引所が取引を成立させます。この証券会社はそれぞれ様々なサービス内容を展開していますので、証券会社の選び方によってはより多くの利益を生み出す事もあります

為替証拠金取引(FX)

FXとは外国為替証拠金取引の略のことで海外ではForex(フォレックス)とも呼ばれています。保証金を元に為替差益と外貨利子で利益を出します。国内株式取引等と同様に通貨を売買して取引をしていくのですが、信用取引のようにレバレッジをきかした取引も可能ですので保証金の何十倍もの取引ができ、大きく利益を得る事も可能です。 株式取引と同様に証券会社が間に入り取引を行っていきます。それぞれ証券会社では取り扱い通貨・取引通貨単位・手数料・スプレッド・レバレッジなどが違ったりするので取引業者は慎重に選びましょう。

CFD取引

CFDとはContract for Differenceの略で差金決済取引のことです。証券会社では国内外における株式、株価指数、株価指数先物、そして債券先物を対象にした証拠金の差金決済取引(CFD)を投資商品として扱っています。本来はFX(外貨証拠金取引)もこのCFDの中に含まれますが、CFDは今のところ日本国内では認知度が低い商品なのでFXとは別商品で取り扱われています。ですが海外では、かなりメジャーな金融商品として、既にたくさんの投資家に愛用されています。 FXと同様にレバレッジをきかせた差金決済取引なので少額の資金でも大きな取引が出来るのが魅力です。

投資信託

投資信託は投資家からプールされた資金を専門家が元本保証のない株式や銀行債権などに投資をし運用成果を投資家に分配する金融商品。原則として元本保証がないので銀行などの普通預金や定期預金よりも利益が期待されるが、同様にリスクも大きい。ゼロ金利政策により預金での利息収入がほぼ見込めない今、資産運用のための一手段として注目されています。 また投資信託は概ね1万円から購入できますので他の金融商品と比べて、少額の資金でもはじめられるので初心者の方にもおすすめです。

ETF

ETFとは(Exchange-Traded Fund)の略で、上場投資信託のことです。国内外の株価指数に連動する投資信託で、専門家が投資家の資金を運用して行うのは同じですが、ETFは株式と同じように証券取引所に上場しているため市場でリアルタイムに売買することができるので、利益を得るチャンスが豊富です。 通常の投資信託と同様に1万円ぐらいからでも購入でき、分散投資もできます。

手数料を少しでも減らす事は投資家の鉄則!取引頻度でプランを選ぼう!

ネット証券会社を使う最大のメリットは、株式売買手数料が従来の証券会社に比べると格段に安い点にあります。

これはネット専業に特化することで大幅な経費削減に成功しているためですが、同じネット証券会社でもその取引手数料を比べると違いが見られます。

投資において取引手数料を少しでも減らすことは鉄則ですから、各社についてよく比較した上で選ぶようにするとお得です。


現在ネット証券会社では、大まかに分けて二種類の手数料制度が見られます。

一回取引した際の約定代金によって手数料を必要とする場合と、一日の約定代金合計で手数料を計算する場合の二種類です。


前者は一回の取引ごとに手数料がかかるため、一日のうちに何度も取引するような投資家にとっては手数料が増える恐れがあります。

長期に渡って株式を保有し続けるスイングトレーダーの方や、気になる銘柄のみをスポット買いするといった場合に向いた手数料制度と言えます。


一方で一日の約定代金合計で手数料が決まる制度の場合には、たまに取引するような投資家にとっては手数料が大きくなってしまいます。

逆に取引回数の多いデイトレーダーであれば手数料を少なく抑えることができますから、こちらを選んでおくとよいでしょう。


このように取引手数料でネット証券会社を選ぶ際には、自分がどういった取引スタイルなのか考えておくことが重要になってきます。

取引の頻度に応じて、最もお得な手数料システムを提供している証券会社を選ぶようにしてください。

ネット証券は便利な取引サービスがあるかも比較しよう!

ネット証券会社を利用する場合、基本的な注文方法についてはほとんどの会社で提供されているので、どこを選んでも問題なく使うことができます。

基本的な注文方法とは株式の現物売買や注文の訂正・取消といったもので、インターネットを閲覧するために使うブラウザや、インストール型の取引ツールから行えるようになっています。


一方で特殊な注文方法となると、証券会社によって提供しているところとそうでないところとに分かれます。

オンライントレードを使っていると複雑な注文方法を試してみたいと感じることも多いので、注文方法の豊富さで選ぶようにすると失敗もありません。


あると便利なのが、逆指値の注文です。

これは株価が一定の値に達した時に注文を出せるというもので、例えば株価が直近の最高値を更新した時に買い注文を入れたいという時に便利な注文方法です。

この注文方法があれば外出中でも狙った銘柄を買うことができるので、トレードにも自由度が出てきます。


また昼間は仕事で忙しいサラリーマンの方におすすめなのが、PTS取引と呼ばれる注文方法です。

これは株式市場が終わった夜間でも売買注文を出せるというサービスで、翌日値上がりしそうな銘柄を一足早く買えるのが特徴です。

帰宅してからじっくり取引したいという場合にも便利ですが、提供している証券会社は限られているため事前に確認しておくことが大切です。

無料の情報ツールの有無はネット証券会社選びの重要ポイント!

投資で利益を得るには、正確かつ新鮮な情報が欠かせません。

そうした付加価値の高い情報ツールが提供されているかどうかも、ネット証券会社を選ぶ際の有効な判断基準となります。


まず欲しいのが、国内株式市場に加えて海外の株式市場の動向や為替相場、さらには要人発言といった相場に影響を与えるニュースです。

これらは多くのネット証券会社で提供されているのですが、取引ツールから逐次確認できる機能を持っている会社であれば、取引中に逃さず確認できるので便利です。

新着情報を自動で更新して表示してくれる機能があると、さらに手間も省けます。


外出時などに便利なのが、メールで相場環境などについて知らせてくれるサービスです。

大きなニュースがあった場合などにメールで届くので、臨機応変にポジションを調整する上で役立ちます。


投資の判断を助けてくれるものに、証券会社などのアナリストによる分析レポートがあります。

相場の予想や注目銘柄などをレポートで発信してくれるサービスを利用できると、より取引の勝率を高めることにもつながります。

有用で勝率の高い情報を提供しているかどうかも、証券会社選びの際に重視するべき点と言えます。


これらの情報ツールは、証券会社によって無料の場合とそうでない場合とがあります。

まずは無料で利用できる情報ツールが充実している証券会社を選び出し、さらに有料ながらも有益な情報配信の多い証券会社で絞り込むという選び方をするとよいでしょう。

投資初心者やパソコン操作が苦手な方はサポートが手厚いネット証券を選ぼう!

ネット証券会社を活用して投資を行うには、パソコンや携帯端末などのIT機器を不自由なく操作できる能力が求められます。

そのためパソコン初心者の場合には、操作でつまずいてしまい始められないこともあります。


このようにパソコン操作に関して不安がある場合には、サポートのしっかりしたネット証券会社を選ぶようにします。

取引ツールのインストールや注文の操作でとまどった時にすぐに対応してくれるので、初心者の方には助かるはずです。

特に最近のネット証券会社の中には、パソコンを扱えることを前提としてサービスを提供しているところも多く、そうしたサポートを提供していないことも多々あります。

スムーズに取引できるよう、初心者の方ほどサポートの充実度で証券会社を選ぶようにしてください。


また投資判断に自信がないのであれば、投資に関する助言をしてくれる証券会社を選ぶといった方法もあります。

資産運用の方法について教えてくれるのでバランスの良い投資が行える他、上場廃止などの恐れのある先行きに不安のある銘柄を買ってしまうといった失敗を防ぐこともできます。

質の高い投資サポートを提供している証券会社であれば、参考にしながら取引することで勝率を上げることにもつながります。

自分の判断で過去に大きな損失を抱えてしまったという人ほど、こうした投資サポートが充実している証券会社は大きな味方となってくれるはずです。

楽天証券とSBI証券を手数料で比較!どちらがお得?!

数あるネット証券の中でも取引手数料の安さで人気なのが、楽天証券とSBI証券の2社です。

互いにライバル視して手数料の値下げを繰り返してきたことから、非常に安く設定されているのが特徴です。

大ざっぱに見るとどちらも同じような手数料設定ですが、少しでも手数料を安く抑えたいというのであれば、一日の取引回数に応じて比較する必要があります。

まず一日の約定代金合計額が10万円に収まるのであれば、SBI証券のアクティブプランが手数料100円と最も安くなっています。
SBI証券のアクティブプランは、一日の約定代金合計額に対して手数料を課すプランです。

同様のプランは楽天証券にもあるのですが、50万円までなら手数料450円となっており、合計額が少ない場合には高く付くことになります。

SBI証券なら30万円までなら、楽天証券よりも安い手数料設定となっています。


一方で注文一回あたりの手数料を見ると、20万円までは両者とも同じ金額ですが、50万円までになるとSBI証券の方が安くなっています。

一注文が20万円以上50万円以下の株式を注文するのであれば、SBI証券を選ぶとお得です。

さらに100万円以上の手数料を見ても、SBI証券の方がわずかに安く設定されています。

楽天証券とSBI証券の手数料は同じに設定されている場合もあるものの、SBI証券の方が安く取引できるケースが多くなっているのが実情です。(2013年12月調べ)






同じカテゴリーの最新の記事

  • ネット証券のおすすめ選び方と口座開設方法

    ネット証券はこんな方におすすめですよ ネット証券は従来の証券会社に比べると数多くのメリットを持っているので、多くの方におすすめできます。 例えば、自分で上がりそうな銘柄を探し出して取引できるような人には、ネット証券はおすすめです...


  • 初心者におすすめの人気ネット証券ランキング

    インターネットの普及が進んだ事により、様々なサービスが自宅に居ながらにして受ける事が出来るようになっています。ネット通販やネットバンクなどを利用している人は年々増加しています。 インターネットを通じて証券取引に関するサービ...


  • 株初心者がまずは知っておきたい株の基本編・ゼロから始める投資の基礎知識

     どうして企業は「株」を発行するの? 株とは、企業が事業で必要とする資金を調達するために発行しているもののことを言います。 企業が事業を進めていくにあたっては、お金が必要になります。 しかし手元の資金が少ない場合には、事業...