株初心者がまずは知っておきたい株の基本編・ゼロから始める投資の基礎知識




 どうして企業は「株」を発行するの?

株とは、企業が事業で必要とする資金を調達するために発行しているもののことを言います。


企業が事業を進めていくにあたっては、お金が必要になります。


しかし手元の資金が少ない場合には、事業を始めることすらできません。


そこで銀行からお金を借りるのに加え、株を発行するなどして幅広く資金を集めています。




 投資家が買えない株もあるってホント?!

なお、私たち投資家は全ての企業の株を取引できるというわけではありません。


企業が発行した株の中でも証券取引所に上場されているものに限り、投資家が自由に売買することができます。


日本では東京証券取引所やジャスダック、マザーズなどが有名で、これらの取引所に上場されている株をネット証券を利用して売買することになります。




 株主になるとどんなメリットがあるの?

株を保有した投資家は、その企業の株主となり議決権が与えられ、株主総会に出席することもできます。


他にもいくつかのメリットがあり、その一つが、保有する株の株価が上昇することで利益を得られるというものです。


安い時に買った株でも、企業の業績や経済状況が良くなることで株価が上がります。


高くなった時点で売ることで、差額を利益として得ることができます。


株を持っていると、配当金や株主優待といったものも受け取ることができます。


これらは株主に対して企業が利益を還元する目的で行われるもので、業績が良い企業ほど配当が良くなる傾向があります。




一部上場って何?

日本の大企業の多くは、東京証券取引所(東証)に上場されています。


東証に上場されている企業は一部と二部に分けられ、二部の企業が一部へ指定変更されることを一部上場と言います。





一部上場するには厳しい条件がいっぱい!

一部上場を目指すのは、どの企業でも可能というわけではありません。


一部上場には厳しい条件が設けられているためです。


例えば企業の純資産額が10億円以上であることや、直近2年間の利益が5億円以上であることなどが指定されています。


他にも株主の数や設立年数などの条件があり、これらをクリアすることで初めて取引所の審査を受けることができます。


このように簡単には実現できない一部上場ですが、晴れて東証一部の企業に指定されると大きなメリットがあります。




 一部上場すると企業にはこんなメリットが!

企業の信頼度が高まるため、資金調達の効率が良くなります。


知名度も高まることから、売り上げや取引に良い影響を与えることが期待できるでしょう。


優れた人材の確保にもつながるなど、一部上場は企業全体の底上げになると言えます。




 投資家にはどんなメリットがあるの?

私たち投資家から見た場合でも、一部上場されている企業の株を保有することには大きな意味があります。


中小企業の株を保有する場合に比べて上場廃止の可能性が低いため、リスクを抑えた安全性の高い投資が行えるからです。


配当などの面でも期待できるものが大きいので、銘柄選びの際に一部上場されているかを意識するのもよいでしょう。




 配当金って何?

配当とは、企業が株主に対して分配する利益のことをいいます。


企業は株主が出資した資金をもとに事業を行っています。


その株主に対して、出資へのお礼の意味を込めて支払われるのが配当です。


配当は、株を保有している株主に、一株あたり何円といったように支払われます。


ある企業が一株あたり5円の配当を行うのであれば、100株持っている株主には500円が支払われることになります。




 配当は1年に何回あるの?

配当が行われる回数も、企業によって違います。


年1回の企業が以前は主流でしたが、株主を大事にしようという考えが広まっていることから、最近は年に数回の配当を行う企業も増えています。



配当額はどうやって決まるの?

配当の額は、企業の業績や株主還元に対する考え方によって異なります。


業績の良かった企業は配当額をアップして株主に還元するのに対して、業績が悪かった企業は余裕がないため配当を行いません。


業績の良い企業間でも配当の額はまちまちであるため、高い配当を求めるのであればここ数年の傾向を調べるなどする必要があります。





 投資家にはこんなメリットが!

投資家の間には、配当利回りの高い銘柄を探して保有する人たちもいます。


一株あたりの配当金を購入価格で割って求められる配当利回りは、銀行預金の金利よりも非常に高く魅力的であるためです。


特に大企業の株であれば安定した配当が期待できるので、長期間に渡って保有したい人にはおすすめの投資法と言えます。




 資金効率がいいのは現物?信用?どっち?!

株式取引には、現物取引と信用取引があります。


現物取引と信用取引の違いにはいくつかあり、まずあげられるのが、信用取引では自分で株を保有している必要がないというものです。


現物取引では、自分で資金を用意して株を売買します。


信用取引では現金や株券を担保に取引を行うので、株を用意する必要がありません。


差し入れる担保は一定額必要ですが、それ以上の大きな金額の取引も行えるので資金効率も良くなるのが特徴です。




 株価下落が期待できる時はどっちが有利?

信用取引では、売りから入っていけるのも大きな違いです。


通常、株取引と言った場合に指す現物取引では、買った株の株価が上がるのを待たないと利益が出ません。


そのため経済状況が悪い場合には、取引するのも難しくなります。


その点、信用取引を活用すれば、株価の値下がりを期待して売りから入ることが可能になります。


株価下落が期待できる局面では有効な投資法となります。




 手数料に要注意!!

現物取引に比べると手数料がかかる点も、信用取引の違いと言えます。


信用取引を行う場合、通常の手数料に加え逆日歩、貸株料、名義書換料、事務管理費などが発生します。


信用建玉を保有する期間が長くなるほど増えていく手数料もあるので、予想される利益と比較してマイナスにならないよう確認しておく必要があります。




 審査が必要?!

なお信用取引の口座を持つには、証券会社による審査が必要です。


現物取引に比べると仕組みが複雑なためで、株取引に関する知識をきちんと持っているかどうかが審査されます。






同じカテゴリーの最新の記事

  • ネット証券のおすすめ選び方と口座開設方法

    ネット証券はこんな方におすすめですよ ネット証券は従来の証券会社に比べると数多くのメリットを持っているので、多くの方におすすめできます。 例えば、自分で上がりそうな銘柄を探し出して取引できるような人には、ネット証券はおすすめです...


  • 初心者におすすめの人気ネット証券ランキング

    インターネットの普及が進んだ事により、様々なサービスが自宅に居ながらにして受ける事が出来るようになっています。ネット通販やネットバンクなどを利用している人は年々増加しています。 インターネットを通じて証券取引に関するサービ...


  • 株初心者がまずは知っておきたい株の基本編・ゼロから始める投資の基礎知識

     どうして企業は「株」を発行するの? 株とは、企業が事業で必要とする資金を調達するために発行しているもののことを言います。 企業が事業を進めていくにあたっては、お金が必要になります。 しかし手元の資金が少ない場合には、事業...